情報教育専攻ウェブサイトへ

専攻の特色

snap 1
ゼミの様子
snap 2
プログラミング演習の様子

情報通信技術(ICT : Information Communication Technology)は,我々が生活する社会において欠かせない存在です。特に,インターネットや電子メールなどは,情報の受発信やコミュニケーションの常用的な方法となり,小さい頃から利用することも少なくないでしょう。こうした今日の高度情報化社会のニーズから,教育機関では,小・中・高等学校教育を通じて,児童・生徒に対する段階的な情報活用能力の育成を行うことが求められています。さらに,こうした情報教育に加え,教科指導・校務におけるICT活用を促進する教育の情報化が 進められており,したがって,ICTの知識・スキルは,学校教員にとって重要な資質になりつつあります。また,高等学校の普通教育おいては,教科「情報」という科目があり,それを教える教員が配置されています。さらに,高等学校における専門教育の中にも教科「情報」があります。情報教育専攻では,専門教育教科「情報」の免許を取得できるカリキュラム構成となっているため, ICTについて深く学ぶことができます。そうした知識・スキルを生かし,教育機関で必要とされる情報教育を担う教員・ICTに長けた教員を目指すことができます。

カリキュラムの特色

snap 3

小学校におけるロボット・
プログラミング演習のサポート

情報教育専攻のカリキュラムでは,プログラミング,コンピュータ・ネットワー クなどの情報分野と数値解析・信号処理・統計学などの数理分野についての実 践を含めた分野の教育を提供します。さらに,教職に関する科目,数学分野を はじめとする教育学部で提供されている多様な分野の授業を受講することがで きます。情報・数理分野の主な授業内容は,コンピュータの基礎,コンピュー タ・ネットワークの基礎,プログラミング,マルチメディア関連,サーバ・サ イド・プログラミング,Webアプリケーション,ネットワーク・サーバ管理,確率・統計,多変量解析,数値解析,信号処理などです。また,情報教育実践の一環として, 小学校においてロボットプログラミング指導などを経験できます。

このような人を求めます

  • ICTに興味がある人
  • 情報教育を担う教員になりたい人
  • ICTに長けた教員になりたい人
  • コンピュータおよびコンピュータ・ネットワークについて詳しく知りたい人

このような人を育てます

  • ICTについての専門的知識・スキルを身につけた人
  • 高校教科「情報」を教える能力を身につけた人
  • ICTに長けた教員

教員免許状等について

高等学校1種免許状(情報)を取得することができます。努力次第では,他校種・他教科の免許状の取得も可能です(現実的には取得可能でない免許状がありますが、他校種・他教科としては、これまでに、中学校(数学)や小学校への採用がありました)。

就職・進学(旧情報教育課程)

情報通信業[技術者]、情報通信関連製造業[技術者]、金融業(銀行)、保険業、教育・学習支援業(学習塾等)、生活・関連サービス業、電気・運輸業[事務職]、自動車製造業[販売職]、小売業[販売職]、三重県公立小学校、三重県公立中学校、三重県私立中学校、愛知県公立小学校、愛知県公立中学校、愛知県私立高等学校、静岡県公立中学校、静岡県私立高等学校、兵庫県公立小学校、医療業、国家公務員、三重県公務員、鈴鹿市役所、刈谷市役所、弥富市役所、愛知県警察、滋賀県警察、大学院進学

教員

在学生の声(旧情報教育課程在籍)

情報教育課程は、情報技術に関する専門的な知識を得ることができるだけ ではなく、教育学部ならではの幅広い分野を学ぶことができます。また、教員免許状取得が必須ではないため、教員の道を目指すことも、一般企業への就職を目 指すこともどちらも可能です。私は高等学校では文系選択でしたが、IT関連の企業への就職を目指し情報教育課程へと進学しました。情報技術に関する知識は もちろんのこと、代数学からコミュニケーション論まで、知識を広く持つことができたと感じています。(N.K.)
情報教育課程に入って、情報技術に関するさまざまな知識が身に付きました。その中でも情報機器のことについての学習がとても役に立っています。私は、将来教員になりたいと思っています。現在、教育現場では情報機器の導入が進められており、電子黒板、実物投影機、プロジェクターなど便利なものがたくさんあります。現場に立ったとき、これらの情報機器の使い方を知っていれば、より良い授業ができると思います。情報教育課程では、教育学部としての学習をしながら、情報技術に関するさまざまな知識を得ることができます。(O.Y.)
情報教育課程では、他の学科に比べパソコンを使用する授業が多いため、ソフトの使い方や、パソコンの扱い方など、情報機器についての知識を身につけることができます。教育学部は教員になるための学部と思いがちですが、パソコンを多く扱ってきたこともあって、企業へ就職するなど様々な進路を選択することができます。私は教員を目指していますが、パソコンや情報機器を扱えるようになったことで、子どもたちの興味を引く幅広い授業展開ができるようになったので、とてもよかったと思います。(T.M.)