コースの特色

snap 1
学校現場の体育教師との「ラート運動」実技研修会
snap 3
授業研究会への参加
−グループディスカッションの発表−

保健体育に関する様々な分野の専門的な知識と実技能力を基礎として、高い授業実践力を養うための学習をします。

専門的な知識を高めるための学問分野には「保健体育科教育学分野」「体育・スポーツ学分野」「運動学分野」「学校保健分野」があります。

保健体育科教育学分野では小学校から高等学校までの学校教育における体育(体育・保健体育)の授業をどのようにデザインし、展開していくかということについて学びます。実際の体育授業を観察したり、体育の模擬授業を通して保健体育科教育の目的や内容や方法を学んだりして、将来、体育の授業を担当できる教員としての専門的資質と実践的指導力を培っていきます。

体育・スポーツ学分野では体育やスポーツについて心理・社会・歴史・哲学などの視点から専門的に深く追求していきます。例えばスポーツ場面において実力を発揮するにはどうしたらよいか、よりよいスポーツ活動を実践する上での人間関係や集団・組織のマネジメントのあり方や指導・支援方法、さらにスポーツ振興政策の仕組みや現状について等です。また、そもそも体育やスポーツとは何なのか、体育やスポーツの変遷・発展の経過についても紐解いていきます。

運動学分野では体や運動を科学する方法について学びます。体の機能や仕組みを理解し、様々な身体運動により体がどのように変化し適応するかについて学びます。また、各種スポーツの技術を習得するための方法や指導法について学びます。さらに実際の運動場面を詳細に観察、分析して運動のメカニズムを解明する方法や、各種スポーツの基礎となる多様な体力トレーニングについて基礎的理論や実践的かつ科学的な方法について学びます。

学校保健分野では子どもから成人、高齢者までを対象にした健康づくりについて学びます。例えば児童の運動量が減少している問題を理解し、保健教育について学びます。また、成人の生活習慣病と運動の関連性を理解し、疾病予防について考えます。更に高齢者の体力低下問題に対して国や自治体がどのような対策を講じているのかについて知識を得ます。これらの学びから、学童期から始まる生涯にわたった健康的なライフスタイルに対する理解を深めます。

実技の授業では実技能力を高めるだけでなく指導法についても学習します。また、1年次から子ども達と触れ合う機会を設け、学校現場における多様な課題に対応するための基礎を養います。

カリキュラムの特色

snap 2
野外運動Ⅲ(臨海実習)の授業
−古里海岸でカヤックの実習−

保健体育コースのコース専門教育科目は、主として以下のような授業科目で構成されています。

1.体育実技の授業
体操、器械運動、陸上競技、水泳、球技(バスケットボール、バレーボール、バドミントン、テニスなど)、武道(剣道など)、ダンス、野外運動(スキー、キャンプ、臨海)などがあります。
2.専門的な知識を高めるための授業
「体育・スポーツ学分野」には体育心理学、体育社会学、体育測定評価、体育史などの講義があります。「運動学分野」には運動生理学、運動方法学、トレーニング論などがあります。「保健体育科教育学分野」には保健体育科教育法があります。「学校保健分野」には健康管理学、衛生学及び公衆衛生学、学校保健などがあります。これらの講義の他に、演習や実験の授業もあります。また4年次には卒業研究を行い、論文を作成します。
3.授業実践力を高めるための授業
教育実地研究基礎(1年次)、教育実習事前実習(2年次)、教育実習(3,4年次)、教職実践演習(4年次)、教育実地研究(4年次)などがあり、1年次から教育現場に積極的に関わっていきます。

このような人を求めます

スポーツや運動に興味、関心があり、自ら積極的に実技能力の向上や保健体育の知識や理論の習得に対して真摯に努め、スポーツや運動の楽しさ及び重要性を子ども達に伝えたいと思っている人。

    このような人を育てます

    保健体育に関する豊かな専門的知識と各種スポーツや運動に関する高い実技能力を基礎として、運動の指導力や授業実践力を養うために総合的に学ぶ姿勢を持つ人を育てます。

    教員免許状等について

    小学校教員を目指される方は小学校1種免許状、中学校教員を目指される方は中学校1種免許状(保健体育)を取得します。また、必要な単位を取得することにより、高校1種免許状(保健体育)を取得することができます。努力次第では、他校種・他教科の免許状の取得も可能です(ただし、現実的には取得可能でない免許状があります)。

    就職・進学

    三重県公立小学校、三重県公立中学校、愛知県公立小学校、愛知県公立中学校、名古屋市立小学校、愛知県公立高等学校、京都府公立小学校、長野県公立小学校、愛知県消防局、金融業(銀行)、三重県公務員、国家公務員、豊田市役所、三重県警察、三重大学職員、大学院進学

    教員

    保健体育科教育学
    体育・スポーツ学
    運動学

    在学生の声

    保健体育コースの特徴は何よりもまず、どこの学部・学科よりも明るく元気なところです。また、みんなで集まってワイワイ盛り上がることが大好きで、バレーボール大会やソフトボール大会、駅伝大会などのイベントがあり、学年を超えて仲が良いのも特徴です。スポーツ健康科学コースとの違いは卒業時に必ず教員免許を取得するところで、教員志向が強いところです。イベントや授業など一緒に行動することも多いので、仲間がたくさんいて楽しいです。授業では運動の専門的な知識を学んだり、実技で体を動かしたりするのがおもしろいです。(K.K.)
    私は大学入学時から運動生理学、トレーニング理論を学びたいと思っていました。保健体育コースに入って自分が学びたい事が学べることはもちろん、その他にも新しい知識が溢れているので刺激ある学生生活を送っています。トレーニング論や実験の授業では様々なトレーニング器具や実験機器を使用し、アスリートのパフォーマンス向上に有効的なトレーニング方法や必要な筋肉群などについて先生に指導を仰ぎながら実験を行っています。現在、卒業論文作成のために、実験の方法や研究内容を学びながら独自の研究内容、方法について思考している最中です。(S.S.)
    実技的な授業があり多様な運動やスポーツができるため、今までに経験したことのない運動やスポーツを基礎的な部分から学ぶことができます。また、実技的な授業のほかに運動方法学や体育心理学といった授業もあり、運動を構造面から理解したり心理的な側面から理解したりするような視点を学ぶことができます。保健体育科教育法の授業では運動の面白さがどこにあるのかについて、同じコースの仲間と真剣に話し合ったり意見をぶつけ合ったりしながら問題の在処を考えるができます。このような授業を通して保健体育コースでは、体育の教師になるための知識や経験を積むことができます。(A.K.)