教職実践高度化専攻(教職大学院)

概要

教職実践高度化専攻(教職大学院)は、現職教員を対象とする「学校経営力開発コース」(定員10名)と、学部新卒者を対象とする「教育実践力開発コース」(定員4名)の2コースから構成されています。コース合同で授業を行うことにより、現職教員学生と学部新卒学生が相互に刺激し学び合うことを重視しています。「学校経営力開発コース」と「教育実践力開発コース」の2コースから構成されています。 「マネジメント能力」、「課題発見・解決能力」、「未来を拓く力」の3つの力を備えた、スクールリーダー・ミドルリーダーを育成します。

詳細は教職実践高度化専攻(教職大学院)のウェブサイトをご覧ください。

入試情報は教職大学院入試情報をご覧ください。

所属教員

氏名 職名 主な研究・実践分野
天野 智裕 准教授 学校経営、ユニバーサルデザインの視点からの学級づくり・授業づくり、若手教員育成支援
市川 則文 特任教授 教育方法・指導論、学校改革・学校(学級)づくり、教師の人材育成、子どものとらえと授業分析
織田 泰幸 准教授 教育経営学、学校の組織論、校長・教師のリーダーシップ
笹屋 孝允 特任講師 教師教育(教師の専門性の発達)、教育方法学、授業研究、学級経営
須曽野仁志 教授 教育工(夫)学、授業設計論(インストラクショナルデザイン)、遠隔学習、外国語・国際理解教育
瀬戸 健一 教授 生徒指導論、教育相談論、協働性、理論と実践の融合
園部友里恵 特任講師 カリキュラム論、教育方法学、成人学習論、生涯学習論、演劇/ドラマ教育、インプロ(即興演劇)
田邉 正明 特任教授 学校経営・運営、生徒指導、不登校、特別支援教育、コミュニティスクール、教育行政、教科教育と学力向上
飛岡 美穂 准教授 主体的・対話的で深い学びの視点をふまえた授業づくり・授業改善、学校・学級づくり(校内研修の活性化)
森脇 健夫 教授 授業の質的研究、教師の力量資質研究、教師のライフヒストリー研究
杉澤久美子 <准教授/td> 園運営、幼児教育、幼児の遊びと学び、教師の援助
濱田 嘉昭 教授 学校運営、教科教育(算数・数学)、主体的な学び
東  俊之 准教授 学校運営、教科教育(音楽)、学ぶ意欲
髙田 明裕 准教授 学校運営、特別支援教育、社会参加と自立を目指す学び