インターンシップ

インターンシップとは、就学中に企業において行う実習体験のことです。インターンシップは、将来希望する業種・職種を体験するチャンスであり、キャリア形 成を望む人はだれでも参加することができます。インターンシップの対象学生は、主に、次年度に就職する学部3年生および大学院1年生です。三重大学におけ るインターンシップは、年々着実に内容の充実がはかられており、それに応じて参加学生数も増加しています。また、教育学部においては、生涯教育課程消費生 活科学コースにおいて、講義の一環として行われています。

インターンシップの流れ

時期・項目 内容
5月下旬
インターンシップ説明会
キャリア支援センター主催の全学インターンシップ説明会が開かれます。この説明会においてインターンシップの流れなどの説明が行われます。インターンシップに興味のある人はとりあえず参加して下さい。
6月中旬-7月中旬
学生と企業等のマッチング

インターンシップ希望者は、以下のいずれかの方法により、希望の企業を選定します。

おしごと三重
おしごと三重において、「お仕事広場みえ」 → 「関連情報」 → 「インターンシップ」 → 「学生の方」と進むと、インターンシップ受け入れ事業所一覧が閲覧できます。
東海インターンシップ推進協議会
東海インターンシップ推進協議会においてID・パスワードを取得すれば、ログイン後にインターンシップ情報が閲覧できます。
大学が提供するインターンシップ受け入れ企業情報
キャリア支援センターにて提供されます。
各企業のホームページ
各企業のホームページ上でインターンシップを受け入れる旨の情報が提供される場合もあります。

以上の方法で企業を選定した後、教育学部インターンシップ担当教員(インターンシップ説明会にて伝えられます)あるいはキャリア支援センターに希望の企業を伝えて下さい。 この後、インターンシップ担当教員あるいはキャリア支援センターより企業側に連絡し、マッチングを行います(あるいはその指示に従ってください)。

7月中旬
マッチングした企業との覚書の取り交わし
インターンシップ実施における条件等に関する契約の取り交わしを受入先企業(マッチングした企業)との間で行います。
8月-9月
インターンシップ実施
基本的に夏休み期間中に実施します。インターンシップ期間は各企業によっても異なりますが、基本的に2週間以内です。
10月中旬
参加報告書の提出(学生)
評価表の提出(企業)
インターンシップを経験した学生の方には参加報告書を書いて頂きます。また、受入先企業から評価表が提出されます。
11月中旬
事後報告会開催
インターンシップ体験の報告会が開催されます。教育学部では、インターンシップが単位化されていませんので、これは義務ではありませんが、後輩の方の聴講などもあるかと思いますので、できるだけ参加して下さい。