概要

FD(Faculty Development:ファカルティ・ディベロップメント)とは、中央教育審議会「我が国の高等教育の将来像」答申(2005年1月)において、「教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取り組みの総称。その意味するところは極めて広範にわたるが、具体的な例としては、教員相互の授業参観の実施、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催などを挙げることができる」となっています。大学設置基準の改正(2007年4月1日施行)により、FD活動は義務化されていますが、学生の資質・能力の向上を目的とした大学教員の教育力向上は、自主的かつ継続的に取り組むべき課題であると考えています。本学部では、組織的に、「継続可能である」かつ「役立つ」ことを基本方針としたFD活動を展開しています。ただし、大学教員の職務は、教育活動・研究活動・大学運営が基本となります。このため、本研究科・学部では、FD活動を広く大学教員の職務的な資質向上ととらえ、教育面におけるFD活動のみでなく、研究活動に関わる資質向上のための取り組みも行っています。

教育活動における主なFDとしては、前期・後期半ばに「授業評価中間アンケート」を実施することで、開講中のフレキシブルな授業改善に役立てる試みや、前期・後期末に全学的に実施される「学びの振り返りシートおよび授業評価アンケート」の評価結果に対する所見・改善方針などを教員が学生にフィードバックするシステムの試みを行っています。また、教育改善に向けた一般的な取り組みとして、授業づくりなどに関する講習会などの企画・実施も行っています。今後は、中期計画に沿って、教員養成型PBL(Problem Based Learning)授業の促進に向けた試みも実施していきます。また、研究面におけるFDとしては、多様な領域の研究・教育に触れ、視野を広げることを目的として、教員による研究・実践紹介などを行っています。さらに、こうしたFD活動を教員に浸透させることを目的として、活動報告を紹介する「FD通信」を発行しています。