• TOP >
  • 学部・研究科概要 >
  • 研究科概要

研究科概要

教育学研究科は教育科学専攻と教職実践高度化専攻(教職大学院)の二つの専攻から構成されています。 以下では、それぞれの専攻の概要を述べます。

教育科学専攻

三重大学大学院教育学研究科は、「教育科学専攻」の1専攻と学校教育領域、特別支援教育領域、人文・社会系教育領域、数理・生活系教育領域、芸術・スポーツ系教育領域の5教育領域から構成されています。広範な学問分野からなる領域の設置により、高度な専門的知識・技術をもとに、地域教育の現実的課題に即した融合的な講義や研究方法の指導を受けることができ、視野の広い学校教員などの人材を養成することが可能となります。本研究科では、融合的な学修を促進させるのと同時に、各教科内容領域や教育学・教育心理学・特別支援教育の基礎的分野において、学生が専攻するテーマの研究・研鑽を深め、学校教員など各分野の専門職として即戦力となることをめざします。各教育領域の概要は以下のとおりです。

学校教育領域

学校教育領域では、研究テーマとして現代社会における教育の問題を取り上げ、多面的で高度な視点からの分析を試みます。また、他の教育領域の学生にも今日の学校教育の意義を認識し理解を深めてもらうべく、授業を開放する。主に教育学の分野、教育心理学の分野、幼児教育の分野から成ります。

特別支援教育領域

特別支援教育領域は、昨今の学校教育現場における様々な支援を必要とする子どもたちの問題を理解し、教育実践力をつけるための授業展開をします。開講科目は、主に特別支援教育の分野、障害児心理学の分野から成ります。

人文・社会系教育領域

比較文化・社会認識・コミュニケーション・国際理解というキーワードが、人文・社会系教育領域において、国内外の社会・文化に精通した能力を備えた人材育成を行っていくために最も重要です。改組による新教育課程では、これらをキーワードとすることにより、各分野間でアプローチの仕方の違いを学生に理解しやすいようにします。
現在、我が国を取り巻く国際問題・経済問題などに、生活様式・民族性による考え方の違いに端を発して混迷しているものが少なくありません。このことはとりもなおさず、従来の高等教育機関での講義・研究システムが学生の所属する個別専門分野のみからの視点でしか捉えられず、より学際的に追究する目を鍛えてこなかったことに一因を求めることができます。
この点を念頭に置き、キーワードに沿った形で3つの分野が協働して教育課程をつくり、より広い視野で考え活躍できる教員の育成をめざします。

理数・生活系教育領域

科学教育では、以前からSTS(Science-Technology-Society)教育の重要性が指摘されてきました。STS教育は、科学・技術・社会の相互関連について適切に理解させ、社会的問題について、思慮深い意思決定に基づいた行動ができる市民の育成をめざします。学校教育においては、「社会」は、子どもにとって最も身近な社会である「生活」と読み替えられ、教育実践が図られる。具体的には、理科教育における理科と生活との関連性の重視、あるいは、義務教育の最終段階といえる中学校理科の最終単元が「科学技術と人間生活」(すなわち、STS)である等、学習指導要領においてもSTSの考え方が随所に反映されています。
従来の本研究科では、「数学」「理科」「技術」「家庭(家政)」として分立し、それぞれが別個に教育課程を編成することで、専門の研究を深めることには対応していました。これは、広い見識や深い経験が求められる高度専門職業人としての教員養成の観点からみると、しくみとして充分とはいえない。科学を担当する「理科」、技術を担当する「技術」、生活を担当する「家庭(家政)」に、これらの基礎をなす数学を加えて、この4教科でグループを組むことは、科学教育にとって不可欠なSTS教育の考えにおいて必然であるといえ、上記のような教員養成に資するものであると考えます。
上記のように、「理数・生活」は、科学・技術・生活の関連性の重視が特徴といえます。そのため、教育課程においても、「自然科学と技術」で科学と技術の関連性を、「科学・技術と生活(環境)」で科学・技術・生活あるいは広く環境との関連性を理解させます。それらの理解の上に立ち、学校教育においてSTSをどう扱うか、どう伝えるか、見識を深めます。このように、深い見識に裏打ちされた、実践力のある教員育成をねらいとして、教育課程を構築します。

芸術・スポーツ系教育領域

芸術(音楽・美術)及びスポーツは、個人の身体や感覚に関わる表現活動という共通項を有します。人の健全な心身を保つために必要とされ、健やかな人間関係や社会の構築にも繋がるという共通する目的を、それぞれの領域がともに担っています。本研究科では、芸術・スポーツ系教育領域として一体化することによって総合的に捉え直すことができ、その結果として、芸術とスポーツという表現活動に関する人間的な資質と能力の伸張を促す教育に関する理論的・実践的な専門研究を一体として実施することができるようになります。
従来から大学院には専攻分野における高い研究能力や高度の専門性が求められているが、一層広い視野に立った学識を養うために、芸術・スポーツ教育領域として一元化し、多様な学修を可能とします。

教職実践高度化専攻(教職大学院)

教職実践高度化専攻(教職大学院)は、現職教員を対象とする「学校経営力開発コース」(定員10名)と、学部新卒者を対象とする「教育実践力開発コース」(定員4名)の2コースから構成されています。コース合同で授業を行うことにより、現職教員学生と学部新卒学生が相互に刺激し学び合うことを重視しています。「学校経営力開発コース」と「教育実践力開発コース」の2コースから構成されています。 「マネジメント能力」、「課題発見・解決能力」、「未来を拓く力」の3つの力を備えた、スクールリーダー・ミドルリーダーを育成します。各コースの概要は以下の通りです。

学校経営力開発コース

現職教員を対象として、専門的知識や技能を学んで三重県の教育課題に取り組み学校を変える推進者となるスクールリーダーを養成します。

教育実践力開発コース

小中高の一種免許状を有する学部新卒者を対象として、実践的な指導力・展開力を備え、将来ミドルリーダーとなる新人教員を養成します。(三重県の教員採用選考試験に合格して採用候補者名簿への登載を2年間猶予された者を含む)